2016年12月31日

久石譲さんジルベスターコンサート2016

今年の弾き納めは、大阪フェスティバルホールにて久石譲さんのジルベスターコンサートでした❗️
IMG_8604.JPG
IMG_8605.JPG
関西フィルさん、スタッフの皆さん、お世話になりました^ ^
IMG_8596.JPG
IMG_8598.JPG
今日は久石さんのピアノと、オケ中ピアノ二台で計3台のスタインウェイフルコンがぐるぐる転換して凄かったです!

憧れの久石譲さんの曲が弾けて、本当に幸せでした^ ^
IMG_8601.JPG
世界初演のDeep Oceanという曲は指揮者の目の前にピアノが二台置かれて、お客様を正面に超絶技巧の曲を、もう1人のピアニスト岡純子さんと弾かせて頂き、ピアニスト2人という嬉しさと信頼感の中で貴重な経験をさせて頂きました。
IMG_8595.JPG
IMG_8594.JPG
アンコールのDream More、トトロまで、今日は沢山ピアノの音が鳴って、最後まで本当に弾き甲斐がありましたが、久石さんの素晴らしい曲に乗って、改めてピアニストである喜びと、ピアノという楽器の無限の響きを感じる三日間でした。

楽しかったです!

今年は120本以上…本当にたくさんの本番を経験して、緊張で痺れることも沢山あって、それでも弾いて、また肝がすわった気がします(^^;;

国内〜海外の沢山のフルコンを触って、沢山の歴代の楽器が自分の演奏を支えてくれてる…そんなことを指が感じるようになりました。いつも、現場で出会う大きな大きなピアノに感謝して、一心同体できるよう…これからも色んな音が出せるように頑張っていきたいです。

皆様今年もありがとうございました!

さぁ、帰ってニューイヤーの準備♪

明後日にはラフマニノフのパガニーニコンチェルトがいよいよリハーサルです。

練習しながら新年を迎えそうです。
来年も、よろしくお願い申し上げます♪

皆様も良いお年をお迎えくださいませ🎉

posted by ericachan98 at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月24日

日本バッハコンクールの審査をさせて頂きました♪

昨日は、日本バッハコンクール大分地区大会の審査をさせて頂きました。沢山の熱演を聴かせて頂きました。お世話になりました先生方、スタッフの皆様ありがとうございました!
IMG_8555.JPG
IMG_8552.JPG
審査が終わってビックリ…

当時私がまだ学生だった時にお世話になった先生の生後間もない赤ちゃんだった子が弾いていらっしゃいました。彼女の妹もいらしたそうで、もう全く面影すらわからないお二人の演奏を知らぬ間に聴かせて頂いていたことがとても嬉しい再会になりました。
  

当時赤ちゃんだった子とまだ産まれてなかった2人の姉妹は表彰式でお二人とも全国大会の切符を手にされメダルを授与されて、当時学生だった私はメダルをかけさせて頂きました。音楽が受け継がれていくという感覚というか、こんな日が訪れるなんて胸があつくなりました。

こんな出来事にこれからどんどん出会っていく予感に、私自身も身が引き締まりました。

これから夕方まで受験生の楽典と和声のレッスンみっちりして帰ります。

待ち受けてるのは、コンチェルトの練習…💀
色々覚悟、です。
Facebookでは沢山シェアして下さりとっても嬉しいです!ありがとうございます😊

IMG_7474.JPG
posted by ericachan98 at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月22日

ニューイヤーコンサートでコンチェルト弾きます!

【拡散希望】

2017年最初の本番は、1月3日(火)14時より大阪ザ・シンフォニーホールでニューイヤー祝祭コンサートに出演致します。
IMG_7474.JPG
私は、ラフマニノフのパガニーニの主題による狂詩曲をオーケストラと共演させて頂きます。
IMG_8505-b8002.JPG
指揮は、コンチェルトとしては約8年振りにご一緒させて頂きます守山俊吾さんで、コンサートマスターはいつも沢山の感動を共有させて頂いているマウロ・イウラートさんで、この日の為にブルガリアからと関西の合同オーケストラでお届け致します。

マウロさんのコンマスとソリストとして共演させて頂くこともとても楽しみにしています。

コンサートでは、ブルガリアから世界中で活躍されているオペラ歌手の皆さんもご出演されます。彼らとは毎年来日の折にはピアノで共演させて頂いている本当に素晴らしい歌手達で、次回は一緒に…と約束していたので今回同じオーケストラのソリストとして舞台に立てることを嬉しく思います。

今年は、1年間で延べ120公演以上の本番を経験させて頂きました。弾いた曲は、ざっと350曲以上…それを数回弾いた本番上での曲数まで数えるととんでもない数になりそうです。どれも貴重で、弾きがいのある本番で、今年もたくさん力になった手ごたえを感じて、こんなにピアノに支えられて生きていた感覚は初めてでした。ご縁を下さった全ての方に心から感謝しています。

1年に1度位、自分の弾いてみたかったプログラムで皆さんにお届けしたい気持ちを、2017年1回目の本番に込めて今回はプログラムと出演を決めました。

ということで、チケットが私の手元にたくさんあります(^◇^;)

応援して頂けましたら幸いです。

私にメッセージ頂けましたら、ご優待価格でチケットをご用意させて頂きますので、ご興味のある方がいらっしゃいましたら、ぜひお声がけ下さい♪ チラシもお送りさせて頂きますのでお申し付け下さいませ。

1ヶ月の間に、コンチェルトを2回も弾かせて頂ける機会に感謝して、頑張りたいと思います!

posted by ericachan98 at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月17日

一番伝えたかったこと

先日12/11は、長岡京市で国民文化祭に出演し、無事にベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番を弾かせて頂きました。

IMG_8501-54ab3.JPG

IMG_8500.JPG
お世話になりました指揮の山本貴嗣さん、コンマスの増永花恵さん、長岡京市民管弦楽団を始めとする国文祭記念オーケストラの皆さんには言葉では言い尽くせない程感謝しています。

実際、先日弾ききった実感を、なかなか文章にできない日々でした。
もしかしたら一番、余韻に浸っているのかもしれません。


こんな幻想的で静かな情熱と温かく瑞々しい1楽章は、常に恐怖心との闘いでした。荘厳さより柔らかく、音楽としての構造を意識するよりも深い思考からこぼれてくるものが音楽になって、こんな謙虚で距離を置いた音楽は、まるで人の抱える脆さ、弱さを含んでいるようで、神様への敬いと恐れと祈りに通ずるようなパッセージ達は、どれだけ練習しても、用意した表現ではまるで太刀打ちできない崇高なもので、表現者として一期一会の音楽の瞬間という本当の意味での音楽時間を自分は生きている感覚に包まれました。



2楽章は、これを「復讐の女神たちをやわらげるオルペウス」とリストが語ったように、まるで本当にオルペウスの物語のような、ただただ救済を求めるようでした。



3楽章は、活きる歓びがやっと声高に表現できる解放感があって、とっても爽快でした。やっと、私弾いてる!って思いました(^^;;


この気持ちを、2回目の共演になるオーケストラの皆さんと共有できたことは、この上ない幸せでした。他の協奏曲のように、「ここはこう弾くからね」とは言えなくて、前から押し寄せてきた音の機微を察してください、、、とまるで突き放したような言い方しか出来なかったことは少しだけ反省しています。この「機微を察してください」は何十回も言いました。察する為には実はたくさんの用意が必要で、それを今回、オーケストラの皆さんと一緒に体現出来たとしたら、それは私の一番の喜びです。私は普段、察することがライフワークのようなもので、そう言えるようになるまで長い年月がかかりました。本番、皆さんの「何としても察するぞー」という集中力がガンガン伝わりました。この室内楽みたいなバランスの難しい曲を、真正面から立ち向かわせて頂けたのは、オーケストラの皆さんの温かな優しさだと思っています。
本当にありがとうございました。

この曲が、これからの音楽人生の支えになる大事なレパートリーになりました。
怖くて仕方なかったけど、アドヴァイス下さった親愛なるピアニストや、支えてくれた家族、友人にも心から感謝しています。

早く写真出来あがらないかなー。
私は全然持ってないので、持っている方ぜひメッセージください♪


次の日から全然違う曲を弾いて、本番して、また別の曲の恐怖と向き合っていますが、
これを乗り切ったんだから大丈夫。と思えるベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番でした♪

実は、あと約2週間後に別のピアノ協奏曲をオーケストラと共演させて頂きます。


次にお知らせ致しますので、よろしくお願い致します⭐️

IMG_8505.JPG

posted by ericachan98 at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする